EMS奨学金(給付型)制度


 EMSはもともとMBAで教鞭をとっていた西條代表が、海外のMBAだと数千万円、国内でも数百万円の費用がかかる状況をみて、学生ばかりでなく、社会人でも顕著な「教育格差」を埋めるべく、経済的に余裕のある社会人でなくとも、強いやる気と関心さえあれば、大学院相当の高等教育の学びを享受できる場を創りたいという思いから創設されたという側面があります。

 

 EMSの学びに感銘を受けた0期生の青野慶久さんが「より多くの人に学びを継続してほしい」と奨学金をご提供いただき、その青野慶久奨学基金によって 1期のアドバンスコースでは100名以上が学びを深めることができました。

 

 修了レポートには「参加したいけれど、経済的な事情により諦めようと考えてたが、青野奨学金のおかげで参加することができました」というお礼のメッセージが溢れました。

 

 

 

 また自分も奨学金を提供したいというお申し出くださる方、運営をお手伝いしてくださった方の中にも、EMSからの謝礼を奨学金に充当してほしいというお申し出くださる方もいらっしゃいます。

 

 そこでそうした方々の思いをカタチにして、EMSでは給付型の奨学金を提供いたします。 

 


EMS奨学金(給付型)お申込受付中!

 2021年5月現在、以下、2種類のEMS奨学金のお申込を受け付けています。どちらも給付型の奨学金です。まずEMS参加費全額をお支払いいただいた後、修了要件を満たした方に奨学金を支給いたします。

 

A. 5期基礎原理コース学生奨学金(支給金額:10万円) 

B. ASEマネジメントコース奨学金(支給金額:8万円) 

【留意点】

● 本奨学金はコロナ災害下において個々人の学びの機会が奪われないよう、有志のみなさまのご厚意によって支給

    されるものです。この機会を、適切な方に存分にご活用いただけるよう、ご自身の状況に照らし合わせてお申込

    をいただけますと幸いです。

 

● 本奨学金は、お申込をいただいた後、EMSにてお申込フォームにおける志望動機や受給条件に合っているか等を 

    確認し、結果をご連絡させていただきます。その際、早期申込者及び今までにEMS奨学金を受給していない方を
    優先させていただきます。

 

● 修了レポートにて奨学生であることを明記した上で、その学びが自分にとってどのような意味があったのか、

    奨学金提供者に伝えていただきます。また今後の奨学生の参考になるよう、広報のご協力をお願い致します。

 

● EMS奨学金は個人でのお申込に限るものとし、法人からのお申込(法人宛領収書を必要とする場合)は対象外と

    なりますので、ご注意ください。

a. 5期基礎原理コース学生奨学金(10万円):申込資格

① 現在、高校や大学あるいはそれと同等の教育機関において、学生であること

② ①の機関での学びに加え、EMS5期 本質行動学特論基礎原理コースを学ぶことで、生活や所属している教育機

  関での学びに犠牲を生じさせないこと

③ 25歳以下であること

④ EMSi FellowまたはEMS講師の紹介者がいること(申込時の「ご紹介者」枠に記載)

⑤ 必ず事前説明会に参加すること

⑥ 修了レポートにおいて、奨学生であることを明記した上で、その学びが自分にとってどのような意味があったの
      か、奨学金提供者に伝えること

 

※ お申込方法など詳しくはこちらをご覧ください。

ダウンロード
EMS5期基礎原理コース学生奨学生募集のお知らせ.pdf
PDFファイル 387.5 KB

B. ASEマネジメントコース奨学金(8万円):申込資格

① EMS基礎原理コースを修了し、EMSi Fellowであること

② 多くの学習者の導きとなるような振る舞いでコースを修了すること

③ 学習を第一優先に、余力がある場合には積極的に自分の得意なことを活かし運営に協力いただけること

④ SNSやブログなどで学びのエッセンスを配信することを意識し、EMSの活動や理念を伝える活動を持続的に行

  うよう心がけること

⑤ 修了レポートにおいて、奨学生であることを明記した上で、その学びが自分にとってどのような意味があったの

  か、奨学金提供者に伝えること

 ※ 詳しくはこちらもご覧ください。

ダウンロード
EMS ASEマネジメントコース奨学生募集のお知らせ.pdf
PDFファイル 438.2 KB

お申込及び受給の流れ

 

A. 5期基礎原理コース学生奨学金

「EMS 第5期基礎原理コースお申込フォーム」の「その他、ご質問、ご要望」欄に、「EMS5期学生奨学生希望」とご記入ください。
※5期基礎原理コースの詳細はこちら

 

B. ASEマネジメントコース奨学金

「EMS ASEマネジメントコースお申込フォーム」の奨学金希望欄にチェックをお願いします。
※ ASEマネジメントコースの詳細はこちら

 2. 選考結果の通知

a,bともに、参加可否のご連絡を差し上げる際に、併せて奨学金選考結果についてもお伝えいたします。

 

3. 契約書の締結

奨学金受給が決定された方と、電子契約書を締結させていただきます。

 

4. 奨学金の支給

コースを修了した段階で、各奨学金額を指定の口座に入金いたします。

奨学生の声

01 伊関 邑介さん(第4期基礎原理コース修了、学生奨学生)

私が第4期EMS基礎原理コースに申し込んだのは、第3期修了生の方に紹介して頂いたことがきっかけでした。ほぼノリと勢いで決めたようなものでしたが、私は何事にも受動的な性格だったので、自主的に新しいことに挑戦してみたいと思い、これからの自分の更なる進化のために参加を決めました。

 

様々な学びを得たことはもちろん、4期の皆さんの色々な感性と触れ合えたこと、そして何よりも自分自身を見つめ直す手助けをしてもらえたことが、EMSに参加して良かったことです。

 

今、申し込むか迷っている学生の皆さん。EMSは100人100通りの学びをポリシーとしています。形はどうあれ、何かしらあなたにとってのプラスの経験になると思います。参加して損をすることは無いです。素晴らしい奨学金システムを活用して、是非新たな学びの世界に飛び込んでみて下さい。

02 大友 彩優子さん(第4期基礎原理コース修了、学生奨学生)

①申し込んだ理由

母が3期を受けていて、熱心に勧められたから。最初は何をするところなのか、何を目標としているのかなど全く分からないまま説明会に参加し、それでもまだよくわかっていない部分はあったのですが、いろいろな経験をされた方々のお話を聞ける機会はそうそうないだろうと思い、申し込みました。

 

②参加して良かったこと

同じ参加者の方の経験談を聞けたのはもちろん、自分自身これからどういう風に生きていくか、漠然とではなく具体的にイメージしようと思えるようになりました。また、大人になっていくことへの大きな不安を少しだけ拭い去れたような気がします。

 

③参加を検討している方へのメッセージ

私も本当に申し込むのか決めるまではかなり悩みましたが、修了できれば奨学金制度でお金が戻ってきて、実質無料なので、タダなら受けてみてもいいかな、というのが決め手になりました。学生のうちに、いろいろな考えを持つ方々と同じ立場で同じ授業を受ける、というのは本当に不思議な感覚で、貴重なものだと思います。EMSを受けて得るものが0ということは絶対にないと思うので、少しでも興味があるなら、参加してみるといいかと思います!

03 K.Kさん(第4期基礎原理コース修了、学生奨学生)

①申し込んだ理由

自分の軸や自分らしさ、自分にとっての幸せとは何かを見出すために申し込みました。日頃から他の人と自分を比較してしまうことが多く、自分に対して自信を持てないことが多くありました。そこで本質や原理を学ぶことで周囲と比較しても揺らがない自分らしさを見つけることができるのではないかと考えました。また、他の参加者の方がどのような関心を持ち、どのような生き方をしているか知ることで何か自分の生き方のヒントを見出せるのではないかと思ったこともEMSに申し込ませていただいた理由です。

 

②参加してよかったこと

EMSでの学びを終え、新たに自分の軸や自分らしさを見つけるのではなく、「今のありのままの自分でいいんだ」と思えるようになりました。EMSに参加する前は自己肯定感が低く、自分の在り方に対して悩むことが多かったですが、今ではありのままの自分を大切にし、いかにして自分の関心を実践や表現のフェーズに移すか、ということを考えることが多くなりました。安全安心・肯定ファーストの環境で参加者の皆さんが自分の関心を尊重してくださり、後押ししてくださったおかげで純粋な気持ちで学ぶことができ、この短期間で自分が前向きに変わることができたと思っています。

 

③参加を検討している方へのメッセージ

もしEMSに申し込むか悩んでいるようでしたら、是非前向きに検討していただきたいと思っています。私も最初は新たなコミュニティで今まで知らなかった方と学ぶことに不安を感じていました。ですが、いざ学び始めると、運営の方や参加者の方はとても温かい方々ばかりで、余計なプレッシャーやストレスを感じずにご自身の関心や学びに向き合うことができます。様々な思いや関心、悩みなどを持っている方々とオープンマインドで学び合うことで普段の生活がより楽しく、気楽に過ごすことができると思っています。より幸せな人生をおくるためにも、是非EMSに参加してみてください。

04 黒津 拓哉さん(第4期基礎原理コース修了、社会人奨学生)

①申し込んだ理由

【“本質”を見つめ実践していく】

EMSに入ったきっかけは、これまでに出会った恩師からの紹介でした。そこから情報を収集する中で、EMSの「物事の“本質”を探り、自他ともに大事にしながら社会への還元へ実践していく」という理念に強く共感し、また僕自身が小学校教諭として転身する目標の実現へ向けて学びを深めたく申込みに至りました。これまで研修やセミナー、あるいは書籍などによる自己研鑽は積んでいたつもりでも、それらは“知識”の修得に終始してしまっていた反省もあり、本質を洞察する視点や姿勢、そしてその実践を学び未来へ役立てたいと考えました。

②参加して良かったこと

【EMSでしかない繋がりと「自分」との出会い】

僕が特に強く感じる参加の利点は次の2つです。

1点目が、チームメンバー内外での相乗効果です。EMSでは、一般的な研修会、セミナーと大きく異なる特徴として、チーム形式にて各回の意見交換や交流の場が提供されています。年齢層も経歴も幅広いメンバーの中で、普段ではなかなか出会えないであろう心の支えとなる人との繋がりや学びの促進がありました。

2点目が自己理解の深化です。それは就職活動で行った技術的な“自己分析”とは異なり、各回での振り返りや様々な人との出会いを通して、自分自身の“本質”を丁寧に見つめ直すことができ、未来への大きな活力となりました。

 

③参加を検討している方へのメッセージ

【世界を広げる扉は目の前に】

僕のこの文章にまで目を通していただいている貴方は、それだけでも本当に素晴らしい行動力であると思います。ただやはり参加に不安を感じる点としては、当時の僕のように「自分以外の参加者がすごい人ばかりだったらついていけるだろうか。」というような思いもあるかもしれません。

 

でも、ご安心ください。EMS本質クレドにもあるとおり、大前提として他者比較ではなく参加者それぞれの成長過程が重んじられており、肯定的な対応が活動の基盤となっています。安心して意見交換しながら相互学習できる場がどれほど貴重であるか、ぜひご体感いただければ幸いです。僕も陰ながら、貴方のチャレンジを応援しています。

05 畑 裕美さん(基礎原理コース4期修了、社会人奨学生)

①申し込んだ理由 

私は仕事の主軸事業を失い混迷していたときに、信頼している方から声を掛けてもらい関心を持ちました。でも収入減と大学生の娘の教育費のことを考え当初は断念しました。しかしその後「いや、今の自分に必要だ」と思い直し、お金のことは後で考えることにして申込みました。

 

②参加して良かったこと 

肯定ファーストの学びと出会いで自分の傷をいやし、次の一歩が見つかりました。新しい発見だらけでした。

 

③参加を検討している方へのメッセージ

驚くことに講義以外に多くのイベント、部活、酒場、スクールタクト…質量ともにすごい!です。まさに大人のアクティブラーニングができる秀逸なプログラムです。もし経済的な懸念がありましたら、私のように奨学金にトライしてみてください。私にとって最も「意味のある自分への投資」になりました。

奨学金の「提供」について

EMSでは、上記「EMS奨学金(給付型)」に関し、その原資となる奨学金の提供者を募集しています。EMSで学ぶ意欲がある特定の個人、あるいはどなたかの学びを経済的にバックアップしたいという方は、奨学金提供者として「EMS恩送り奨学基金」にお申し込みください。提供いただく奨学金の金額、また個人・法人は問いません。詳細はこちらをご覧ください。